Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 400×

Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 400×



64GB microSD 通常パッケージで購入
先に結論から言うと1枚は不良品、もう1枚は正常品でした。

Amazonが販売、発送するこの商品であっても、低価格のSDカードには必ず不良品は存在します。

私が最初に発注した商品は、Chkflshで一行目から早速エラーを吐き出しました。
エラーが出た時点で、それ以上はほとんどSDカードに触ってないので推測でしかないですが、
書いたファイルがファイル名だけ見えるのに消せないし読めない、フォーマットも出来ない……
みたいな状態の不良になっていたんじゃないかなと思われます。(よくあるやつです)

アカウントサービスから不良品の処理をし、すぐAmazonから代品が送られてきましたが、
代品をチェックしたところ、こんどは正常にチェックが終わりました。

パソコンなどで利用するならエラーが起きたところですぐに反応があるため分かりやすいかと思われますが、
この手の商品はPC以外、つまりスマホ全般や、一部のデジカメデジタルビデオなどで利用するシーンが多く
不良に気付いたときには時既に遅し、大事なデータ(記録や思い出)が全て水の泡になっていることも考えられます。

商品を購入したら必ずメモリーが正常であるかどうかの、チェックをした方がよいでしょう。
そういう手間(チェックし、エラーが起きたら不良品交換をする)を惜しむ方は、
32GBで6000円〜1万円ほどもする家電屋流通の高級SDカードを購入すべきです。
特に他人(高齢者など)に頼まれての低価格SDカード購入などはもっての他なのでやめましょう(笑)

では、例えばTOSHIBAの同価格帯のカードの方が信頼性も高いから、Amazonではそちらの商品を買うべきか、というと、そうでもなく。
Amazonで購入できるTOSHIBAのmicroSDカードは、「マジコン販売暦のある某中華系ショップ」(某Kあるいは某J)
が長らくマーケットプレイスを占拠していて、Amazon販売は存在しないという落とし穴があります。避けたほうが無難でしょう。
(レビューを見れば分かりますが、当該ショップが販売していることが原因でのトラブルが多発しています。ぐぐれば出てきますが、故意に容量偽装品を混入している疑惑もあります)

信頼性の高いと言われているSanDisk、TOSHIBA、Panasonicの3社全てに同じことが言えるため、
Amazonでまともに買えるmicroSDカードはTranscendぐらいでしょう。

まとめますと、このTranscendのmicroSDカードはAmazonが販売、発送するため
・不良品があった場合の対応が保障されている (不良品があった場合は、返送料着払い、かつ代品の先送り対応が確定している)
・それでいて価格も、秋葉原の電気街や中央通沿い裏のショップ等で買える低価格SDカードと同価格帯である
という意味で、Amazonの商品リスト中ではお勧めです。
現に私も今回は、この商品がAmazon販売であるために助けられました。

ただでさえ低価格帯のSDカードは、エラー品の混入率が高く、返品交換を利用する可能性も高くなるため、
必ず販売店がAmazonであるかを見てから購入しましょう。
SDカードに限りませんが、「Amazonプライム対応なのに"Amazon出品ではない"」というものも多く含まれておりますので、要注意です。

余談ですが、
代品というものはたいがい通常発送され、届くのが遅くなるのが普通ですが、
返品交換手続きをして翌日に届くのはさすがAmazon……というべきでしょうか。(なお、これを商品の評価基準には入れていませんのであしからず)

Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 400×の販売ページ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174636387

この記事へのトラックバック