Transcend microSDHCカード 16GB Class10 TS16GUSDHC10E



スマホで今まで使ってた16Gがいっぱいになり32Gを購入することにしました。
今まで使っていたELECOMの16Gclass6があまりに酷く、とにかくエラーが多発、動作も鈍く、HD動画はまともに撮れない、アプリでも特にgoogleマップに至ってはとにかくレスポンス極悪。
機種に依存している部分もありますが、microSDの性能差もかなり影響していると思ってたので、もっとまともなmicroSDHCにしようといろいろ探してました。
最初はsandiskのultra 32G UHS-Iを考えていたのですが、こちらは基本的にexFATでmicroSDXC対応の機種でないと使えないことと、メモリを携帯でフォーマットし直してFAT32で認識させて使うやり方ではデータ消失のトラブルが多発しているという警告がつい最近携帯各社(docomo,au,softbank)よりアナウンスされたばかりなので、sandisk ultraは選択肢から除外しました。
表面上の性能だけではsamsungのclass10も良さそうかなと思いましたが、あまりにも信頼性がないため即却下。
数字(スペック)を出すためだけの商品という話も聞きますし。
かといってTOSHIBAは値段が…。高い…。
というわけでTranscendの32Gclass10を選択しました。
それと同時にADATAのPremier 32G UHS-Iも購入して、ベンチかけて結果のいい方をメインに、悪い方は予備として使うことにしました。

結果は予想通りTranscendを使うことになりました。
ADATAはこれでUHS-I対応???と思うところもあり安定感がなさそうなので。まあ激安だったからそれ以上は言うまい。

Transcend microSDHC 32G class10 を使ってみた感想は、今までより全然動作が速くなったことにまず感謝です。今までのモッサリ感がかなり解消されました。これがclass10の恩恵ということなんですかね。
今までとの違いが体感できます。
HD動画もコマ落ちせずに問題なく撮れます。
googleマップ、超サクサクになりました。
サムネイル表示とかも体感できる違いです。

microSDHCに関しては一番無難な選択じゃあないでしょうか。
もっとも、スマホでの使用に関してはとなりますが。

Transcend microSDHCカード 16GB Class10 TS16GUSDHC10Eの販売ページ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174652244

この記事へのトラックバック